トゥルーバイパスが良いってわけじゃない事を力説したい

情報

エフェクターのレビューやマニュアルを見てると、

「トゥルーバイパスなので原音を損なわず…」

とかいう表記が、さもそれが良い事かのように書かれております。
お陰様でというか、私の周りも「トゥルーバイパスが良い物だ」とよくわからず知らないうちに原音忠実教に入信している人を見受けます。

そんな人達に物申したい。

「原音変わったっていいじゃん(´・ω・`)」と。

トゥルーバイパスとバッファードバイパス

そもそもトゥルーバイパスってなんね?って話からなんですが、これは皆さん大体わかってますよね。入ってきた信号を無加工で出すって物です。なのでエフェクターに電池が入ってなくてもトゥルーバイパスだったら動作します。(もちろんOFFの時のみ)

じゃぁトゥルーバイパスじゃない物ってなんだというと「バッファードバイパス」となります。これを理解している人が少ないんじゃなかろうか。

そもそもバッファーとはノイズが乗りやすいハイインピーダンスなギターの信号をノイズが乗りにくいローインピーダンスに変換する物です。

これだけの説明だと圧倒的にバッファードの方が良く見えますね。
BOSSのようなバッファードのエフェクター入れたらローインピーダンスになってノイズ乗りにくくなるように聞こえてしまいますね。

さて、問題はここからです。
ローインピーダンスへの変換具合(バッファーの品質)で音が変わります。
具体的にどう変わるかというと、

ピッキングやフィンガリングのニュアンスが出にくく、ダイナミクスに欠けた感じになる。

と言われてます。これがバッファードが嫌われる主な理由です。
ただし、どんなに酷くても弾いてる本人が気付く程度です。

(とは言え、気分が乗らないといいプレイはできないでしょうから大事ではあります)

これを理解した上でこう言いたい。

変わった後の音が気にならないんだったらバッファードの方がいいんじゃない?(´・ω・`)

原音に忠実である必要がどこにあるだろうか…。

バッファーというエフェクター(?)

BOSSに代表されるようなエフェクターの仕組み(パーツ)としてのバッファーの話をしましたが、バッファーの機能のみを追求したエフェクター(?)が存在します。仕組みは同じです。ハイインピーダンスの信号をローインピーダンスにするための物です。

バッファーが嫌われる原因(音質の変化やダイナミクスの欠落)を極力防ぎ、ローインピーダンス化(音質劣化を防ぐ)に特化した物。

こいつを一番最初に入れることで、新鮮なギターの音をローノイズで強い信号に変換してくれるってわけです。
そうすることで、長いシールドや何度も加工されるエフェクターの旅でも劣化することなく(もちろん多少します)アンプまで信号が届けられるってぇわけですね。

参考のため、動画を張っときます。
トゥルーバイパスのエフェクターを3個つないだ状態で、アン直に比べてハイが落ちてるのが明らかにわかります。その後、先頭にバッファードのエフェクターをOFF状態で挿すだけでハイが戻ってるのがわかりますね。

バッファーの効果を検証する動画

 

こんな症状が出たらバッファーを検討

アンプ直に比べて

  • ハイが出ていない
  • 歪まなくなった(ゲインが足りなく感じる)

いつもと同じくらいなのに歪みが足りなく感じる時は結構わかりやすい。
単純に入力ゲインが落ちてるんですね。
歪ませるタイプの人はブースターも兼ねててゲインプッシュできるタイプのバッファーをおすすめいたします。

1万円以下のおすすめのバッファー

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / BonaFide Buffer

シンプルにバッファー機能に優れた物。スイッチ類も一切なく、本当に繋ぐのみ。 ただし、効果は高い。
↓↓↓サウンドハウスで詳細を見る

One Control ( ワンコントロール ) / Minimal Series BJF Buffer Split

アンプ2台鳴らしたり、エフェクター多くてスプリットしたりしてる人は大変便利。個人的にOneControl好き。。。
↓↓↓サウンドハウスで詳細を見る

MXR ( エムエックスアール ) / M133 Microamp

歪ませた音メインの人にはこれがおすすめ。ブースターとしてゲインプッシュしつつローインピーダンス化。クリーンにしてもハリといい感じのコンプレッション感が出て心地良し。
↓↓↓サウンドハウスで詳細を見る

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました