低価格帯ワイヤレス比較とお勉強~後編~

情報

前回に続き、ワイヤレスの比較企画後編です。
前編のワイヤレス基礎知識編はこちら
今回こそはアイテム比較を。。。

それぞれの商品特徴や気になるポイントは各機種個別で書いていき、スペックのような数字で明確にわかる物は表にまとめたいと思います。
それでは!

BOSS WL-50

BOSS WL-50ワイヤレス

安心と信頼のBOSS(*´ω`*) あたりさわりないけど品質は高水準なイメージ(個人の感想です)なのでワイヤレスのような物には期待が持てます。
トランスミッターはプラグ一体型でコンパクトっぽいですが、プラグの角度調整ができないところが非常に問題。ボディ全面にジャックがあるタイプのギターやベースにはちょっと使いたくないですね(;´Д`)
ケーブルトーンシミュレーションという劣化対策の補正機能が付いているのも大きな特徴。
懸念点はチャンネル切替が自動という事なので、他機種と混在した際の挙動が未知。

LINE6 Relay G30

LINE6 Relay G30

かなり早くから2.4GHzのワイヤレスを出してきており、G30はロングセラーと言えるほど長く売れててユーザーも多いと思います。安価故の筐体のもろさ(電池カバーが外れやすいなど)やメーカー外のトランスミッターホルダーを使わないと固定が弱い、付属されているケーブルの品質が悪いようで、交換必須などの注意点はあるものの、それを差し引いてもあまりあるほどの機能・音質・コスパ。
現在だと中古でも入手しやすい。

Xvive XV-U2

これが出たときはワイヤレスもここまで来たかと感じました。
トランスミッター・レシーバー共にプラグ一体型の超コンパクトさ、1.5万円以下の低価格設定で爆発的に売れてるみたいですね。
サウンドハウスのワイヤレス部門でも1位とり続けてます。
注意点は電池交換ができないので、充電のタイミングは要注意というところです。

NUX B-2

最近やたらと目にする事が多くなったメーカーさんですね。「ニューエックス」と読むそうです。ナックスだと思ってた。。。
32ビット48KHzでダイナミックレンジ110dBとスペック上は1万円台ワイヤレスの中ではトップレベルの音質。
プラグ部分が可動式なので、どんなギターやベースにも邪魔せず使えそうです。

Belcat TWINS G&A

今回比較紹介するワイヤレスの中では最安値で1万円を切る衝撃の価格ですが、スペック的なマイナスポイントはほとんどないように見えます。
+5dBスイッチはギターからの信号を増幅して送り出す事で音痩せ対策に使えそうです。
ただ本体のサイズがちょっと気になります。こちらもプラグ一体型で、プラグ部が可動するのですが、それでもちょっと邪魔になりそうな大きさ。ストラトのような舟型のジャックには向いていないかも?

BOSS
WL-50
LINE6
Relay G30
Xvive
XV-U2
NUX
B-2
Belcat
TWINS G&A
周波数帯2.4GHz2.4GHz2.4GHz2.4GHzB帯(UHF)
レイテンシー2.3ms2.9ms6ms未満5ms未満3ms未満
ダイナミックレンジ110dB以上118dB103dB110dB90dB
伝送範囲20m30m30m30m50m
駆動電源(※1)単3×2単3×2内蔵内蔵専用充電池
(予備付)
連続使用時間(※2)約10時間約8時間約5時間約6時間約2時間
チャンネル数146444
新品最安値(※3)21,600円
最安店を見る
24,624円
最安店を見る
14,688円
最安店を見る
14,904円
最安店を見る
9,250円
最安店を見る

※1 主にトランスミッター(送信器)側の駆動電源です。BOSS WL-50とLINE6 Relay G30のレシーバーはアダプタから供給できます

※2 メーカー発表値ですが、記載された時間の60~70%くらいで見てた方が良いです。
Relay G30は周りに使用者が多数いますが、皆口を揃えて新品電池で4時間以下と言っております。

※3 2018年8月調べで、セール価格は含みません。

総括

こうやって並べてみると、価格なりの差というのは正直あまり感じないですね。
自分が使用するうえで、何に重きを置くかで選択する必要があります。
ちなみに僕の場合は、トランスミッターの小ささ(ギター回すから)+固定(ガムテ)のしやすさ、音質面でNUX B-2を選びます。

お気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました